ストレスと食事

ストレス発散に食べる

誰でもストレスがたまることはあると思いますが、それでも我慢で頑張っています。頑張って頑張って、それで我慢しきれなくなる、というのが多いのではないかと思うのですが、そんなときは食事やショッピングで発散する、ということもあります。

イライラしてどうにもやりきれなくなって、もう無理、よし、ストレス発散だ、となるのです。特に、食事はそれまで我慢していたことを全部飲み込むかのように大量のものを買ったり注文したりして、勢いよく食べてしまう。おいしいものや自分の好きなもので満たされていくと、ほんの少し自分に余裕が持てるようになる気がするからです。それで、よく頑張りました、明日からもよろしくね、と自分にご褒美をあげる気分です。

自分の限界は自分がよくわかると思います。ストレス発散と食事は人間には切り離せないものなのかもしれません。おいしいものや欲しかったもので、次のご褒美までの英気を養うことができるのです。自分なりのストレス発散法を見つけてみると楽しいかもしれません。

摂食障害の治療三田こころの健康クリニックで】

ストレスで食欲が出ない

「ストレス」それは目に見えない恐ろしい病気だと思います。自分自身、離婚の事で悩み続けていた時全くと言っていいほど食欲が出なくなってしまいました。食べたとしても何を食べても美味しくない。まるで砂を食べているようでした。食べなくても体は普通に動くので食べなくても平気と思うようになり、夜だけプリンを1つ。そんな生活が毎日続き、5キロ以上体重が減りました。

同じ時期に職場でストレスによる過呼吸になり救急車で運ばれました。実は前にも一度なったことがあり、救急病院で手当を受けた際また発作が起きるようでしたらメンタルクルニックへ行く事をお勧めしますと言われました。その後は何事もなかったので病院へは行っていませんが、何に対してストレスを感じているのかが自分でわかっていればその悩みを解決することでストレスから開放されることでしょう。

このようにストレスは色々な病気につながるものだと思います。上手にストレスを発散しながら毎日を過ごしましょう。

ストレスはダイエットの大敵

食事は、楽しく美味しく食べたいものです。でも好きなだけ食べるとすぐ太ってしまいます。多くの場合、みんなで、楽しく美味しく食べたあと次の日や、友達とランチで満腹になるまで食べたあとの夕食もいつもと変わらずの量を食べていると体重が人生のマックスの数字にきてしまいました。そこから、3年かけて10kgの減量にお成功しました。

今思うと、3年前に引越しをしたのですが、それをきっかけに食欲のコントロールが効くようになりました。原因はその時に長年の大きなストレスが引越しによって解消されたのです。

ストレスがあると甘いものなどついついコントロールがきかず食べてしまうのです。食事もきっちり三食とって間食もとなるとかなりのカロリーオーバーです。

最近は食べなかったら体力が持たないとか夜たくさんたべないと朝まで長いのでお腹が減って不快になるという強迫観念のようなストレスからも開放されて、むしろすごく体調が良いのです。ストレスは、ダイエットの大敵だとおもいます。