急に体重を落とそうとする行為

無理な食事制限

多くの方がダイエットを行っていますが、無理な食事制限をし急激に体重を落とすことは良くありません。
ダイエットというのは、ただ体重が減って痩せれば良いのではなく、健康で綺麗にならなければ意味がないのです。
急激に体重を落とすと、体は危険を感じ生命の維持の為に元に戻ろうとしますその結果、元の体重以上にリバウンドしてしまうのです。
ダイエットをする時は、早く痩せたい気持ちを我慢してゆっくり体重を落とす事が大事です。
大事なのは栄養を取りつつ筋肉をつける事です。
無理な食事制限では、体が筋肉をエネルギーに変えて筋肉を落としていきます。
そうなると代謝が悪くなり、痩せにくくなるという悪循環に陥ります。
こうなると頑張っているのに痩せない為、ダイエットの継続が難しくなり挫折してしまうのです。
ダイエットは脂肪を落とす事だけではなく、筋肉を付けて脂肪を燃焼してくれる代謝の良い身体を作る事が必要なのです。
そうすればリバウンドしにくく、ダイエットに成功しやすくなります。

無理なダイエットなどがきっかけの摂食障害を治療するなら⇒http://www.ipt-clinic.com/

急激なダイエットについて

急激なダイエットは体にとっていいことがひとつもありません。急激に痩せることで、体が栄養失調のような状態になり食事をした際に少しでも栄養素をためこもうとするようになるので痩せにくい体になります。

友人の結婚式が目前にせまり、パーティドレスを購入しようとしたら着たいと思えるデザインのドレスがどれも入らずダイエットをしたことがありました。その時には2週間で8キロ落としたのですが友人の結婚式後から食欲が止まらず1週間たたずに10キロほど増えたことがあります。

急激なダイエットをした後に増えた体重を減らすのはとても大変です。急激な食事制限などはせずに運動をして筋肉をつけながら少しだけ食事制限をするのが一番効果があるように感じます。筋肉は脂肪よりも重いので体重計に乗った時に体重が増えたように感じるかもしれませんが落ち始めたら順調に落ちますし、リバウンドをしにくい体がつくれます。体を動かすことで精神的に追い詰められるようなダイエット方法ではなくなるのでおすすめです。