家庭・職場環境

ストレスによって

摂食障害に罹っている人は診断されていない人も含めると、かなりの数にのぼるはずです。自分では気付いていない人も居るため、これは厄介なことです。程度がひどくなってしまうと生命の危険にさらされてしまうこともあります。周囲が気付いて専門の医師にかかることをお勧めします。

まず、摂食障害を改善するためにはその原因を探ることが大事です。摂食障害の原因として家庭環境や職場環境に問題があるため、それらを解決することが先決です。家庭にしても職場にしてもストレスとなるようなことがそこにあるとすれば、そのストレスによって摂食障害になってしまうことがあります。

ストレスは過食させたり、拒食させたりするものです。どちらにしても健康的な被害が考えられるため、早急に解決することが望ましいと言えます。家庭や職場環境のストレスを改善できる方法があれば実践するといいかもしれません。ストレスが解消されれば、摂食障害も緩和されていくことがあります。

ストレスが引き金となる摂食障害

摂食障害とは、拒食・過食を繰り返す症状です。ストレスが原因だといわれています。ストレスが原因で甘いものを食べたくなり、食べて心を満たし、ふとしたときに食べ過ぎている自分に気づき、今度は食べたものを吐き出す、食べないというような状況になります。

自分は太っていると思い込むダイエット願望からなることもあるそうですが、対人関係のストレスから生まれる場合もあるようです。他人のことを察することができる人の場合、家族を含めて周囲に摂食障害の人がいると、もしかしてそうかも…と理解することができるかもしれません。ストレスを感じていて、悩んでいる人すべてが摂食障害になるわけではないので、気になる人が周囲にいる場合、手に注意してみてください。

摂食障害と診断された人の多くは、手に吐きだこといわれるものができている場合があります。ちょうど手の甲のげんこつを作ったときに出る骨のごつごつした部分が赤くなります。食べたものを吐き出すために手を口の中に入れることでできるものなのだそうです。ストレスから内蔵機能まで低下させてしまうこわい病気です。周囲の温かい目は大切だと思います。