ダイエット

若年層の摂食障害とダイエットの関係

近年、十代、二十代の若年層に増えてきているのが摂食障害です。摂食障害には食物を摂取出来なくなる拒食症と異常に食物を摂取してしまう過食症があります。摂食障害の原因は様々ですが、最近ではダイエットが原因の摂食障害が増えてきています。

最近の若い人たちは雑誌のモデルやテレビのタレントに憧れ、異常に痩せるという事に執着しています。そのせいでダイエットブームが巻き起こり、食に関してあまり知識の無い若者達が間違ったダイエット法を次々と試したり、あるいは食物を摂取しない。または食物を摂取してもわざと吐き出すといった異常事態が発生しています。それを繰り返したその結果が摂食障害です。

摂食障害とは具体的にどのような過程でなるのでしょうか。拒食症は、ダイエットの為にと食物を吐き出すことを繰り返した結果、体が食物を受け付けなくなります。逆に、過食症はダイエットによるストレスで異常に食物を摂取するようになります。良いダイエット法と危険なダイエット法を見分けられる事が摂食障害を防ぐ鍵です。

過度ダイエットによる摂食障害

異常なほど食べてしまう症状や食事を受け付けない、また食べたものを自分で吐き出してしまう症状の事を摂食障害といいます。食事を食べ過ぎてしまう過食症や、食事を受け付けなくなる拒食症は一見すると全く違う病気のように思いますが、この2つの症状は現れ方が違うだけで同じ摂食障害という病気なのです。

摂食障害の原因には周囲の評価が気になってしまう完璧主義や、嫌な事を嫌と言えないなど本人の性格によるものや、育ってきた家庭環境や、職場の環境などが挙げられますが、ダイエットも摂食障害の原因の一つに数えられます。女性はダイエットを行う方が多いですが、過度なダイエットで摂食障害を引き起こす場合があります。

ダイエットをし体重が落ちるとプロポーションが良くなり、他人から褒められるなど嬉しい気持ちになる反面、太る事に恐怖を感じてしまい食事を受け付けなくなったり、食べたものを吐いてまでダイエットをしてしまうのです。摂食障害を患っている患者数は女性が95%と多く、過度なダイエットには注意が必要です。

間違った知識を持っている若い女性が多い

摂食障害の原因は、ダイエットの場合があります。 摂食障害はいろいろな原因で引き起こされることがあります。その中の一つとしてあげられる原因は、無理なダイエットです。ダイエットを始めると食べることがいけないことという間違った考えを持ってしまうことがあります。

それによって食べる量が極端に減り、カロリーの低いものしか食べなくなる場合があります。少し口にしただけで太ってしまうと錯覚してしまい、口に入れた食べ物を吐くことによって体の外に出そうと体がしてしまうのです。これが拒食症です。摂食障害は、拒食症のように食べ物を拒絶するだけではありません。食べ物を食べすぎてしまう過食症というものもあります。

これは食べ始めると止められなくなり、食べ終わると後悔や自己嫌悪から無理やり吐いてまた食べるという行為を続けるのです。拒食症も過食症も痩せたいという気持ちから始まる点は同じです。最近はダイエットについて間違った知識を持っている若い女性が多く、痩せているのが魅力的と間違った意識を持っている人が多いのです。