社会生活で起き得る

摂食障害と言えば、拒食症と過食症が有名です。痩せたいために、食事をせずに続けた結果、心身が受け付けない体になってしまうのが拒食症です。一度、かかると厄介な病気で1年以上続く人もいます。そのため、体は痩せ細り仕事ができないケースもあります。ある男性は、女性からきつい言葉を友人から伝わって聞いたみたいです。それが原因で摂食障害になったみたいです。

心がナイーブな男性なので、ショックも大きかったと思います。食べてももどし食事が受け付けなくなっていきます。このままでは体がダメになると思い、心療内科に行ってみました。先生の回答は、摂食障害なので治療しないとダメと伝えられたみたいです。摂食障害は、単純な事が原因で起きたりします。

内向的な性格の人は、心にストレスを貯めやすく、社会生活をスムーズに対応できなく摂食障害になりやすいタイプと言えます。治し方も薬治療や心のメンタル治療、入院して本格治療を行うケースと様々です。もし、摂食障害になったと思う人は、まず誰かに相談する事が大事です。一人で悩まず、勇気を持って欲しいと思います。