摂食障害に伴ううつ病

摂食障害は、「食事を摂取することに問題がでる病気」のことで、拒食症や過食症も含まれます。過食症の場合、大量のものが欲しくなり、コンビニ窃盗に走ってしまうケースも出てくるほどで、最終的にはそのようなことが高じて自殺願望にまで達するという恐ろしい病気だと言えるでしょう。現在日本では、拒食症から過食症へ移行するケースの増加しているので、このような危険性はこれからもどんどん増えて行く可能性が高いです。

さらに、摂食障害の患者にはしばしばよくうつ状態が伴います。もしこのような状態が有れば、抗うつ薬の投与をしなければいけません。投薬は医師の処方により十分管理されたもとで行いましょう。

摂食障害によるうつ病が酷くなってくると場合によっては入院を覚悟しないとなりません。入院の際、金銭面で心配なら病院や福祉課に相談をしましょう。さらに、日頃から、健康管理や精神的ストレスがたまらないように十分気配りをしながら生活して行く事が必要です。