ダイエットが原因

摂食障害とうつ病は紙一重です。どちらかにかかるとどちらかも発症することがほとんどとなっています。摂食障害で悩んでいるひとはうつ病にもかかっている可能性が高いため、早い段階で適切な病院にかかることが大事です。

まず、摂食障害になりやすいのは過度なダイエットが原因となることが多くなっています。ダイエットに向けて拒食症となることから始まり、これを越えると今度は過食症になることがあります。過食をやめたいと思うことでまた拒食症になるというように、拒食と過食を繰り返すこともあります。こういった摂食障害は心が関係していることが多く、食に対する執着心や異常性が出てきてしまうため、うつ病にも発展しやすい面があります。

そこで、摂食障害とうつ病の両方を発症してしまった場合には、心と体の両面から治療していくことになります。摂食障害が治ることで、うつ病も改善していくことがあります。摂食障害もうつ病も心の病気なので、心療内科などにかかることが一番です。