体の異常

摂食障害になると、食事の摂取量が少なすぎたり多すぎたりするので、身体機能に様々な悪影響を及ぼします。
肌荒れが起こり易くなり、肌や唇の周囲がガサガサになったり、カロリー過多で吹き出物が出易くなったりします。
栄養が足らなくなると、カルシウム不足で骨粗しょう症になることもありますし、爪が割れることも多くなります。
貧血が起きることもあり、酷いと起き上がることもままなりません。髪が抜け易くなるのも、摂食障害で併発する症状のひとつです。

女性の場合では、生理不順を引き起こすこともあるので、体に不調を来たすことが多くなると思います。またカリウムやリンが不足すると、不整脈が起こる場合もあります。場合によっては死に至ることもあるのが摂食障害なのです。また摂食障害による嘔吐の症状がある場合には、胃液で歯が溶けてしまったり、歯周病など、歯に影響が出易くなります。嘔吐しないのが理想的ですが、吐いた場合には必ず口をゆすいでおいた方がいいでしょう。