摂食障害専門病院

拒食症及び過食症という名前で一般的に知られている摂食障害は、10代~20代の女性のカラダの体型に対するコンプレックスで起こる病気です。

過度のダイエットや失恋などの精神的なダメージなどによっても発症する場合があり、自分の置かれている環境、成育歴や性格などが発症に影響を及ぼすために原因は単純ではありません。

当然のことながら、発症した場合には治療が必要で摂食障害の病院選びをしなくてはなりません。拒食症がひどい場合、生きていくための栄養が十分に摂れないので生命に関わることから内科への受診がまず必要となります。

摂食障害の原因がメンタル的な要因が大きいため、精神科や心療内科に受診して心のケアをする必要があります。10代のお子様の場合には、病院によっては思春期外来という診療科を設けているところもあるので専門医の治療を受けるといいでしょう。

また、摂食障害を専門に治療している病院は全国でも多数あるため、まずはお住いの近くにある保健所などの公的な機関に相談して専門的な病院を紹介してもらうこともできます。