3つのポイント

摂食障害を治療するにあたって、良い病院を選ぶポイントは以下の3つです。

1つ目のポイントは、家から通いやすい場所にあることです。
摂食障害の場合、症状にもよりますが、2週間に1度通院するのが普通です。
通院が負担にならないよう、まずは気軽に通える範囲に絞ります。

2つ目のポイントは、カウンセリングが充実している病院であることです。
摂食障害は、背景に様々な対人関係や心理的な問題を抱えていることが多いと言われています。
そのため、摂食障害の治療では、本人のカウンセリングだけでなく、家族を含めたカウンセリングを行うことが望ましいとされています。
また、カウンセリングは病院によって、保険が効くところと自由診療になるところがあります。
保険診療と自由診療では料金が異なるので、事前に調べておくことが必要です。

最後に、3つ目のポイントとしては、自分に合った医師や心理士がいる病院であることです。
摂食障害を乗り越えるためには、信頼して話すことができる医師や心理士がいる病院を選ぶことが最も大切です。
事前に調べることが難しいポイントですが、口コミサイトなどが参考になります。