拒食症と過食症

摂食障害には拒食症と過食症があり、拒食症になるきっかけは、痩せたい、太りたくないという、思春期の若い女性にありがちな心理が原因となっています。しかしその「太りたくない」という心理を掘り下げていくと、自分の体が女性らしくなってゆくことに対する抵抗が見て取れます。
そして深層意識の中に、自分の母親のようになりたくないという、母親との親子関係の歪みが存在することが多いのです。

拒食症のときには、自分は痩せてきれいになっていると信じて疑わないので、食べないことに何の問題も、病的な要素も感じていません。自分は食べないで痩せることがいいと思っているのに、周りに心配されることを煩わしく感じ始めると、人のいる前ではたくさん食べて、食べ終わったら吐くという行動を始めます。それがエスカレートすると、食べることが止められなくなり、自分の部屋や、誰もいないときに、手当たり次第に物を食べたりします。
食べたら吐けばいいけど、いくら吐いても全て吐いた気にならないので、そこからだんだん自分の摂食行動が異常であるということに気付くのです。