孤独な心理状態

摂食障害の代表的なものに過食症と拒食症があります。思春期以降の女性に多く見られ、やせたい、体重を減らしたいといった願いが体重を減らさなければという強迫観念にすり変わってしまったことが一因です。

ダイエットが摂食障害のきっかけになるケースは多いのですが、摂食障害はダイエットの延長といった簡単なものではなく心の病気です。特に拒食症において時には命にかかわることもあり、孤独な心理状態に陥っていることが多いのも特徴です。

拒食症の患者では、病気がないのにひどいやせが目立ち女性であれば生理が止まったりします。しかし、患者本人はこのやせ過ぎの自分の体をとても気に入っています。心理的背景には大人になりなくないという成熟拒否があり、結婚や出産への関心が薄くなる人もいます。

過食症と拒食症を繰り返すタイプの摂食障害では、心は食事を拒否し体は食事を求めるアンバランスが原因のひとつです。食べてはいけないのに食べてしまった自分への罪悪感や嫌悪感が強く、過食の後には故意に嘔吐をしたり下剤を使う患者が多く見られます。