太ることが怖い

摂食障害の一つとして、神経性食欲不振症というものがあります。これは思春期の女子に多い心因性の摂食障害です。この症例の特徴として「痩せたい」という強い痩せ願望と、「太ることが怖い」という肥満恐怖が見られます。

摂食障害といっても食べることを拒むだけではなく、過食、偏食、隠れ食い、盗み食いといった食異常を起こすことが多いです。過食後に自発的に嘔吐する、下剤を使う、絶食と過剰な運動を繰り返すケースもあります。

患者の多くは体重や体型について歪んだイメージを持っています。例えば酷く痩せていても「これでいい」と思っていたり、「太っている、もっと痩せなければ」と感じていることが多いです。また、これらに関して「病的ではない」と信じ込んでいることも大きな特徴です。

この患者のカウンセリングにおいて、もっと太るべき等と教えると強い反発を抱くことが多いので、太りたくないという患者に対し受容の態度を見せることで少しずつ改善させることが出来ます。また、正しいボディイメージが出来るように導くことが重要です。