嫌な時に食べ過ぎてしまうか

摂食障害とは、『拒食症』と『過食症』とにわけられます。拒食症は、太りたくない・痩せたいと思うあまりに食べ物を避けてしまい、食べられなくなってしまうというのが多くの症状、逆に過食症はストレスやイヤな事があった時にドカ食いして、後から後悔し嘔吐したりするのがその症状。
全く逆の行動の様ですが、根本は同じです。

その摂食障害のチェックテストがネット状で出来ます。内容は、サイトによって様々ではありますが、基本的にどこのチェックテストも同じで、拒食症・過食症どちらにも適用するチェックテストになっています。

やり方は、嫌な時に食べ過ぎてしまうか?⇒【いつも・しばしば・ときどき・全くない】などにチェックを入れていき、最終的に合計で点数などに換算され出てくるので、それで自分が摂食障害になっている可能性がわかるようになっています。

自分が摂食障害かもしれないと悩んでいるのならば、ネットで一度チェックテストをやってみるのも良いでしょう。不安を取り除けるかも知れません。