ゼリーやお粥などの流動食

摂食障害の克服方法として、まず食事への過度なこだわりや緊張感を解くことが重要です。食べてはいけないという意識への反発により過食してしまったり食べなくてはという意識にまくしたてられ食べられなくなってしまう精神的流れをゆるめることで徐々に正しい食事への関心を高めていきます。

その人の状況に合わせてまずはゼリーやお粥などの流動食から、常食が取れるようならば通常よりもエネルギーを抑え960kcal程度から開始していくとよいかと思います。魚や豆製品や牛乳など、良質なたんぱく質を取りましょう。牛乳にきな粉を混ぜると良質なたんぱく質とエネルギーを簡単に摂取出来るのでお勧めです。

一日の食事の回数を4~5回に増やし、規則正しい時間でとる。その際しっかりと充分な時間をとりましょう。心地よく楽しい雰囲気で食事ができる環境を整えます。時には本人が好む食材やお酒なども取り入れ、無理をしすぎず頑張りすぎない環境を作ることが重要です。