早急に専門医を訪れて

摂食障害かもしれないと思ったら、ネットや雑誌などに載っているチェックテストを行ってみるといいかもしれません。必ずしもその結果が全てだとは思わないようにすることも大切です。チェックテストはあくまでも参考程度にしておき、結果に不安を感じた場合には早急に専門医を訪れてみることをお勧めします。

摂食障害のチェックテストとしてよく含まれている項目は、過食と拒食かどうかを知るための項目です。過食の場合、気持ち悪くなっても食べ続けてしまうことがあります。重症化すると吐いても食べるということもあるため、ここまできてしまうと大変です。一方、拒食の場合、どんどん痩せていってしまいます。食べないため栄養が摂れず、便秘になったり体に様々な異常を感じたりすることもあります。

こういったいくつかの当てはまりそうな項目がチェックテストで設けられており、いくつ以上、当てはまった人は摂食障害の可能性アリということになってしまいます。