ストレス発散法

摂食障害とは、ストレスや精神不安定などの理由から異常に食べ過ぎてしまったり、逆に全く食べなくなってしまったり、というように摂食に障害が出る病気のことです。よく聞く拒食症、過食症も摂食障害にあたります。食べ過ぎたり食べなかったりすることで、当然ながら体重にも影響が出ます。急激に太ったり痩せたりすることは体への負担が大きく、様々な弊害も出てきます。

他人事だと思っている人も多いかもしれませんが、誰でも簡単に陥る病気です。摂食障害になりやすい人かどうか、危険性の簡単なチェックテストを紹介させていただきます。まずはストレス発散法です。誰にでもストレスを発散する方法があると思いますが、食べること、と言う人は要注意です。買物やスポーツなどで発散するようにしましょう。

また規則正しい食事をすることも大切です。忙しい時はついお昼を抜いてしまう、という人は要注意です。食べたものをわざと吐く習慣のある人も危険度が高いです。適量を食べてきちんと消化させるようにしましょう。