摂食障害の人に言ってはいけない言葉

摂食障害には過食タイプと拒食タイプがあります。また、両方のタイプを交互に繰り返して発症する人もいます。

若い女性に特に多く見られる摂食障害は、ダイエットのし過ぎのように簡単にとらえられてしまうことが多いのですがこれはれっきとした心の病気です。確かにダイエットのための食事制限がきっかけになることは多いのですが、体重が減ることにとらわれるとやがてそれが強迫観念に移行してしまい単なるダイエットの域を出て精神的な疾患となってしまいます。

この状態では既に摂食活動を自力でコントロールすることは困難です。やせるためには食べてはいけないのに食べてしまった、こうした行為に対する罪悪感が自分自身を苦しめています。食べてしまった後に、胃液に至るまで無理に嘔吐を続けるのはこのためです。

こうした段階の摂食障害の患者に「食事した方がいいよ」「食べないと体に悪いよ」「別に太っていない」「充分やせた」などの言葉は禁物です。