摂食障害とイライラ

摂食障害になるとイライラ感が出てくることがあります。過食症にしても拒食症にしても同様です。その理由としては、思うように食事ができないからです。過食症の場合、食べたくなくても食べてしまうという自己嫌悪に陥ることがありますが、自制心がききません。そのため、自分に対するイライラ感が出てきてしまいます。拒食症の場合は食べなくてはいけないけれども食べられないという自分に対するイライラ感です。

イライラ感が出てきてしまうと、ストレスになってしまいます。ストレスによってさらに摂食障害もひどくなってしまうことがあるため、これではいつまで経っても摂食障害を克服することはできません。イライラ感がひどいのであれば、そのイライラ感を発散できるような状況を作ることが大事です。

気分転換できる方法を考えます。他に趣味を持つことも大事です。ウォーキングをしてみたり読書をしてみたりすることでイライラ感がなくなれば、ストレスもなくなり、摂食障害も改善していくかもしれません。