摂食障害と抜け毛

摂食障害になってしまうと抜け毛がひどくなることがあります。これは食生活が不規則になっていることで、栄養分が体の隅々まで行き届いていないからです。また、摂食障害によってストレスがかかっていることも要因となっています。

これまで自分自身、摂食障害であることに気付いていなかった人でも、抜け毛の激しさから自分が摂食障害であることにようやく気付くことができたということもあります。抜け毛などの症状が現れるようになってからでは、相当、摂食障害が進んでしまっている証拠です。抜け毛によって髪の毛が薄くなってしまったら、今度は見た目の恥ずかしさからストレスが溜まってしまうこともあります。もちろん、ストレスは摂食障害をひどくさせてしまうため問題です。

抜け毛を改善するためには摂食障害を克服することが大事です。一人では難しいのあんら、専門的な機関に相談することをお勧めします。心療内科などにかかると改善することがあります。