過食症

摂食障害の種類には大きく分けて二つあります。一つは拒食症です。拒食症はとにかく食べないようにするため、どんどん痩せていき、周りの人にも心配されます。問題なのは逆のタイプです。それは過食症と呼ばれています。過食症はどんどん食べてしまうため、太ってしまうことがあります。太っていても周りは単純に肥満だと思い込み、あまり心配しません。だからこそ厄介なのです。

過食症の場合、好んで食べているわけではない人が多くなっています。よくスイッチが入ると言われることがあり、過食スイッチが入ってしまうとお腹が一杯でも食べることをやめません。家の中のあらゆる食べ物を食べつくしてしまうこともあります。そして後悔の念にさいなまれます。もちろん、食べている時は食べ物の美味しさを味わっているわけではありません。とにかく口に押し込んでしまうのです。過食症の原因は心の病が関係していることがあります。よって適切な心の治療を受けることで改善できます。