夜間摂食障害

摂食障害の種類はいろいろあります。よく知られているのは過食症と拒食症です。これらが一日の特に夜間に起こることを夜間摂食障害と呼んでいます。

夜間摂食障害の症状は分かりやすいものです。自分でも自覚することができます。と言うのも、夜間に目覚めて過食してしまうことがあるからです。夜間に睡眠覚醒してしまい、気付いたら夜中にコソコソと冷蔵庫の中をあさっていたというようなことがあると、夜間摂食障害が疑われます。

また、夜間にたくさん食べてしまうことで朝には胃がもたれてしまうこともあります。そうすると、目覚めから体調が悪く、思うように動けないということにもなってしまうため、日常生活にも支障が出てしまうものです。これは睡眠障害も関係していることがあります。夜中によく眠れないがために中途覚醒をしてしまうからです。ストレスが原因で眠れないということもあるため、改善するにはストレスを解消し、快眠できるようにすることが一番です。