摂食障害の治療法

摂食障害の治療法は心療内科にかかることが一番です。摂食障害の原因は心にあることが多いからです。心の病を治すことによって、自然と摂食障害も治っていくことがあります。

しかし、一般的には自力で治そうとしてしまうものです。ところが、自力ではうまくいくことがほとんどありません。かえって悪循環となってしまうことがあります。例えば、摂食障害の中でも拒食症だった場合、無理にでも食べようと食べ物を口に押し込むようになってしまうことがあります。それが今度は過食症へと移行してしまうことがあります。そして、今度は過食症を治そうと思い、とにかく食べないという目標を定めてしまい、以前よりもさらにひどい拒食症へと戻ってしまうという負のスパイラルにはまってしまうこともあるのです。

だからこそ、専門家による治療が必要となります。心に原因があるのなら、まずはそちらの治療から始めるのです。また、家族の協力も必要になります。規則正しい食生活が送れるように家族も一緒に治療をしていくことになります。