カウンセラーに相談する事

摂食障害の人がいると、まずは食事を正しく食べる事が出来るように色々とアドバイスをしてしまいますが、実はそれではなかなその問題を解決する事は出来ません。

まずそうなってしまったきっかけ、そして今後どうしたいのか、また本人も気づいていないような事も有るので、しっかりとそう言うことを把握するのが重要です。しかし素人ではなかなかそれは難しいので、そういう時はカウンセラーに依頼するのが良いでしょう。

人は何かしらの話をすると楽になったり、客観的に自分を見られるようになる事があります。カウンセリングは指示を与えるというよりは、相手の事を理解してサポートをしていく事になるので、摂食障害の場合も食べる事を支持するのではなくもっと根底にあるものを顕在化させてくれることもあるのです。

だから、自分たちで何とかしようと固執するのではなく、第三者に相談するのも良い方法でしょう。なかなか見えてこなかった物が見えて来ます。