摂食障害と家族の理解

一般的な人にとって、摂食障害はどうも異質な感じに見えてしまうことが結構あるのではないでしょうか。その為、出来るだけ早くそれを治そうと色々な事を頭ごなしに言ってしまうこともあるでしょう。しかしそれは実は問題の解決にはつながらず、事態が悪化してしまう可能性があるので注意しましょう。

重要な事は家族がまず摂食障害とは一体何か、それを理解する事です。そして、まずはその状態の家族と一緒に生活できるようにサポートしていくのが良いでしょう。家族の支え、これは非常にポイントとなってきます。治す事ばかりに囚われるのではなく、その状態を理解しうまく共存できる方法をまずは模索してみるのも良いでしょう。

やせ細って行く姿はやはり家族としては心配です。ただ、そういう状態になった人に対して色々と叱るのは時には良くありません。まずはその状態を理解し、その人の事を良く見る事、そして過度にならない程度のサポートをしていくのが良いでしょう。