うつ病にならないための環境作り

摂食障害の原因としてよく挙げられることは、うつ病です。そもそも、うつ病にならないようにすれば摂食障害も起こりにくくなるということになります。日頃からできるだけ、うつ病にならないための環境作りが大事です。

几帳面な人ほど、うつ病になりやすいと言われています。完璧主義は性格でもありますが、時にはだらけてしてまうというのもいいかもしれません。やるべきことがたくさんあっても全てを一度にやろうとはせず、一つずつじっくりとやっていくようにするのです。そうすれば、うつ病にも摂食障害にもなりにくくなります。

うつ病になってしまうと無気力になってしまうことがあります。対人恐怖症となってしまい、部屋に引きこもりがちになることもあります。そして部屋でお菓子を大量に食べ過ぎてしまうといった摂食障害が引き起こされてしまうことがあります。こういった状態になってしまうと、素人の手には負えません。専門家の協力が必要になってしまうので、まずは本人と家族などの身近な人で摂食障害と上手に付き合えるような環境を作っていきます。