摂食障害になった原因と乗り切れたこと

高校を卒業して、田舎から都外へ就職し、そこから、私の地獄の日々が始まりました。寮での生活だったので、一部屋3人でした。2人は、田舎育ちの私と違って、あか抜けていました。その頃の私156cm、60kgもあり、かなり太っていました。

わざと私に聞こえるように、悪口を言われました。ご飯が喉を通らなくなり、夜もずっとないていました。そんな生活が、何ヶ月も続きました。肌もガサガサになり、生理も止まりました。もう、このまま死んでしまってもいいと思い、屋上に何度行ったことか。

そんなどん底の時に私に、母からの電話。今までは、心配かけまいと、電話口では、元気に振る舞っていました。その時は、大泣きしていまいました。今まで、辛かったことが、いっきにこみ上げてしまいました。電話の向こうでも母は泣いていました。母は「辛かったら、いつでも帰って来ていいんだから」そのひことで病院に行き、カウンセリングを受けながら、少しづつ自分を取り戻すことができました。