デブと言われてしまった

私の友人は大学時代に、摂食障害になった経験があります。当時この友人は見た目には、かなりふっくらとした体つきだったのです。その人が摂食障害になった原因というか、理由はただ1つ、大学に入学してすぐに同じクラスメートに好みの人を発見し、とにかくその人と毎日会うのが楽しみで通学するくらいになったのです。その人がテニスクラブに入るとさっそく友人もテニスクラブに入会し、授業に出なくてもテニスクラブには顔を出すほど、熱心に友達になろうと努力していました。

我々の友人との付き合いでお茶会に出席しても、とにかくお目当ての人の話ばかりして、とにかく毎日が、あこがれの人への思いで送られていました。
そしてテニスクラブに入会してから半年ぐらいして、そのクラブの合宿がやってきて、当然としてその合宿に参加したところ、やっとその憧れの人と話が出来るようになり、天にも昇るような気持ちになっていました。

そしてその合宿での打ち上げの日に、2人きりで話が出来るチャンスがやってきたのです。この時をチャンスととらえた友人は、2人きりになった時に、勇気をもってその憧れの人に、付き合ってほしいと打ち明けたところ、その人は一瞬びっくりしたよな顔になり、少し考えた挙句に友人に、世の中でデブが1番嫌いなんだといったのです。

その事が極端なショックだったようで、それ以来摂食障害をおこし、何と5か月で30キロもやせてしまいました。びっくりした田舎の両親がすぐに上京して、嫌がる友人を病院に入れて静養させました。でもすぐにはもとに戻らず、退院したのは1年以上経過してからでした。