失恋をきっかけに

摂食障害は何かしらのきっかけがあって起きてしまう事がほとんどだと言えます。その一つのきっかけが、失恋です。

特に女性の場合、ダイエットを日常的に行っている人も居ます。そして、ある程度自分の容姿に自信が出てくることもあるでしょう。その姿で一人の人に告白して、そして振られてしまう、その理由は勿論振ってきた相手にしか分からないわけですが、振られた方としてはまだ私が綺麗になっていないから振られてしまったのだと思ってしまう事も有るのです。そしてより一層痩せようとして、結果的に摂食障害になってしまう事は有ります。

確かに痩せると様々な服を着る事が出来るようになります。ただあまりにも痩せすぎてしまうと、可愛そうな感じになってしまう事も少なくありません。ただ当の本人はなかなかそれが分かっていなくて、痩せても痩せてももっとやせたい、そう思ってしまう事があるのです。

しかも、自分がただダイエットをしたいと思って痩せる場合は途中で挫折してしまう事も有りますが、失恋は決して一人でできる物ではありません。本当は別の理由でも、自分の見た目が悪かった、もっと痩せていれば振られる事はなかった、そう思ってしまう事があるのです。そして結果的に食事をほとんど食べないとか、ほぼノンカロリーの物ばかり食べる様になる、といった事もあります。

摂食障害は平凡な日常を過ごしているだけであれば余り起きる物ではありません。ただ自分以外の誰かから体型の事を指摘されたり、それが原因で失恋してしまう(思い込んでしまう事を含む)事によって起きてしまう事は多々あるのです。