仕事でストレスを感じたために

就職してから仕事でストレスを感じるようになり、拒食症になってしまったことがあります。元々は標準体型でした。拒食症になってからは、体重が10キロ以上、落ちてしまい、かなりの痩せ過ぎとなってしまったのです。

当然、周りからは心配されました。自分自身はダイエットをしたいと思っていたこともあり、いいタイミングで痩せてラッキーでした。そんなふうに軽く思っていたのですが、周りからはおかしく見えていたようです。

生理が止まってしまっても、どんどん痩せていっても、私自身はなんとも思いませんでした。嬉しくたまりませんでした。逆にちょっとでも増えると気になってしまい、さらにダイエットを強化するようになっていきました。

営業の仕事をしていたこともあって、日中はかなり動きます。痩せ過ぎでどこからそんなパワーが出ていたのか、今となっては自分でも不思議です。きっと、仕事で認められない気持ちをダイエットにぶつけてしまっていたのだと思います。

ダイエットは目に見えて成果が出ているので、自分を認めることができます。その時の私にはダイエットで成果が出ることで自分を褒めて、自分を認めていないと、やっていけなかったのかもしれません。

そして、拒食から過食に変わってしまってからは、過食嘔吐となってしまいました。ここまで来てしまうと、さすがに家族や会社の人たちも気付くようになり、仕事のストレスから来るものと認識するようになってからは、摂食障害を治すために、私は療養生活を送らせてもらえるようになりました。

私自身も早く元通りになりたいと思っています。摂食障害に苦しむことなく、普通に仕事ができるようになりたいです。ストレスをためないような体になりたいです。