夏バテしてしまったのが始まり

私は摂食障害になってしまったことがあります。きっかけは夏バテです。まさか夏バテが原因で摂食障害になるとは、自分でも思ってもみませんでした。

私は元々、肥満体型でした。小学生の頃から周りには「デブ」と言われて居たのですが、中学生の時に夏バテしまったのです。それからは、あまり食事がすすまなくなりました。栄養のあるものをほとんど食べていなかったので、どんどん痩せていってしまいました。

そして、高校生になってからはさらに体型が気になるようになり、水分しか摂らなくなってしまったのです。自分で鏡を見ると太っていると思っていました。もちろん、客観的に見ると全くそんなことはありません。と言うのも、肥満体型だった頃より20キロ以上も既に痩せてしまっていたからです。

周りからも当然、なぜ食べないのかと聞かれるようになりました。でも私はいつも笑ってごまかしていました。大学生になってからは潔癖症がひどくなり、食べることが汚いことだと思うようになってしまったのです。もう本当に骨と皮しかないようなひどい体型になってしまっていました。

体力がもたなくなってしまったことで、その後、入院することとなりました。当然です。慎重が155cmで体重が25kgぐらいしかなかったからです。専門的な病院にかかったことで、普通に食べられるように治療を開始するようになりました。

退院後もまだ拒食と過食を繰り返している状態ですが、一時期よりは随分と楽になってきたような気がしています。