ジムなどで運動して克服

私は高校生の時に摂食障害になりました。元々はスポーツが好きで、体操部に所属していたこともあって筋肉質だったのですが、ふとしたきっかけで拒食になってからは体重とともに脂肪・筋肉全てがなくなってしまいました。

拒食症の治療を受けて体力と体重は戻ったのですが、体操をしていた時のような体型ではなくなっていました。その後過食傾向に陥り、拒食症になる前の体重より増えてしまった時がありました。

その後過食も何とか克服したのですが、体重は増えたままでした。大学生になってからは、アルバイトなどをする時間が増え、元々スポーツが好きだったのでフィットネスクラブで汗を流す楽しみができました。家でもストレッチなどをして、1年くらいかかりましたが自分でベストと思う体重に戻すことができました。体型のほうも、運動を続けたことで筋力が復活したのか筋肉のほどよくついたまあまあ納得できる体型になれました。

一連の体験の中で一番辛かったのが、拒食から回復する過程で体重増加に気持ちがついて行けなかった頃です。自分との戦いでパニックになりそうな時もありました。でも、拒食の一番ひどい時には生命の危険を宣告されていたので、それを思い出して将来を信じて頑張りぬきました。筋肉がついて体力が戻ってくると「太っている」と思い込みそうな自分との戦いだったような気がします。

ここを乗り越えて、毎日を楽しくまたイキイキと過ごせるようになり「自分に勝った」という自信を手に入れることもできました。