自分に自信がない、自分が嫌い

摂食障害になりやすい人には特徴があります。いろいろな特徴がありますが、仲でも、自分に自信がなかったり、自分が嫌いだったりする人が多くなっています。

自分に自信がない人は、どうしても周りからの評価を気にしてしまいがちです。太っているから周りから愛されないと思い込んでしまうこともあります。

実際は、そんなことは全く関係がないのですが、思い込みが激しくなってしまうと、自分で自分の首を絞めてしまうこともあるのです。

また、自分はダイエットも満足にできないと思い、そんな自分を嫌いになってしまうという人も居ます。

自分のことが嫌いな人は、どんどん落ち込んでいってしまうこともあるので、精神的にも苦痛を強いられることがあります。これがストレスとなり、摂食障害へと繋がってしまうことがあるのです。

ダイエットをすれば自分に自信が持てると思い込んだり、キレイになれると思い込んだりすることがネックとなることがあるので、注意が必要です。