強迫性障害

摂食障害と併発する症状の一つに、強迫性障害が挙げられます。摂食障害となると、ほとんどの人が強迫性障害が併発しやすいため、注意が必要です。特に、拒食症の患者に多くみられます。

強迫性とは、一日中同じことを考え続ける症状を指します。例えば、拒食症の人は、これを食べると太ってしまうと考える傾向にあるため、太ることを懸念して食べなくなってしまうのです。

自己暗示をかけてしまうような感覚に陥ってしまうため、次第に何も食べなくなってしまいます。それによって、どんどん痩せていってしまうのです。

元々、摂食障害は精神的なもので引き起こすことが多い病気です。特に、ダイエットに敏感な思春期の女子に多くなっています。痩せたいという願望が強くなることで、このように自分自身を強迫してしまうような感じになってしまうのです。

ダイエットを継続する上でも、多少は強迫性がないことには続けることができないため、併発しやすくなっているというわけです。