摂食障害と対人恐怖症

摂食障害になると、さまざまなところに影響が出てしまうことがあります。その一つに、対人恐怖症が挙げられます。過食してしまった姿を誰かに見られたくないという思いから、他人と会うことを避けてしまうということもあるのです。

また、摂食障害の原因として、他人に嫌われることが怖いと思ってしまうこともあります。対人恐怖症から摂食障害になる場合もあるわけです。

原因が対人恐怖症になったり、摂食障害によって対人恐怖症になってしまったりした場合には、原因をしっかり把握し、少しずつ改善させる方法を考えることが大切です。もちろん、専門医の指導のもと、行うことが一番です。

実際は、摂食障害だからと言って、他人に嫌われるということは滅多にありません。それほど他人は自分を見ているわけではないからです。

また、他人にどう見られているのかという意識を持たないようにすることも大切です。あまり他人の目を気にすることなく過ごせるようになれば、摂食障害も対人恐怖症も克服することができるはずです。