金欠になって過食嘔吐が止まった

摂食障害を克服できたのは、ほんのささいなことでした。私はあまり裕福な家庭ではなく、フリーターとして働いていたこともあり、日頃から金欠気味だったのです。過食をすることで、さらにお金がなくなってしまいます。これではいけないと思い、自然と過食することがなくなっていったというわけです。

それまでは多少の金欠でも、過食嘔吐をしていました。お金をかけたものを吐き出してしまうという行為そのものに、自分でも嫌気がさしましたし、何だかもったいないという思いもありました。だからこそ、どうにかしたいとずっと思っていたのです。

いよいよお金がなくなったという時に、体も防御力が出てきたのだと思います。あれほど悩んでいた過食嘔吐がピタリと止まりました。嘔吐するために購入していた食材を、これからは嘔吐しなくて済むと思うようになれてホッとしました。

それからは全く過食嘔吐をすることもなくなり、金欠もだいぶ緩和されるようになってきました。