食事を楽しめるようになり克服できた

摂食障害になってしまった時、何を食べていいのか分からなくなってしまったり、何が美味しいのか分からなくなってしまったりということがありました。そのため、食事の時間が全く楽しみではなくなっていたのです。楽しくなければ、わざわざ食事をしたいとも感じなくなってしまいました。

何よりも空腹感を得られなくなってしまったことが問題だったと思います。お腹が空けば、それを満たすためにどんなものでも食べたはずです。ところが、私の場合、空腹感さえなかったので、食事の必要がなくなってしまったのです。

しかし、これではいけないと思い、少しずついろいろなものを食べるようにしていきました。まず、誰かと一緒に食べるということを試みてみたのです。すると、おしゃべりしながらの食事が楽しくなってきて、食事も美味しく感じられるようになってきました。

少しずつですが、これを繰り返していくうちにやっと摂食障害を克服できることとなったのです。