チューイング

摂食障害の症状のひとつに、チューイングがあります。

チューイングというのは、食べ物を口に入れて噛むでけで飲み込まず、袋などに出してしまう行為です。噛み砕きとか噛み吐きなどとも呼ばれ、軽度の摂食障害ではひとりの時だけに行うケースが多いのですが、重症化すると他人と一緒に食事をしているときにもチューイングが見られたり、嘔吐を伴う過食症に移行することもあります。

チューイングを行うと咀嚼という行為によって脳には栄誉を摂取したと伝達されますが、実際は噛んだだけで食べ物を出していますから当然栄養は吸収されずに血糖値が下がるなど危険な状態となります。

チューイングの厄介なところは、家族でもなかなか気づきにくいという点です。家族で食事をするのを嫌がるなどの変化があった時には、多感な年頃なので一人での食事を好むなどと簡単に考えてしまいがちです。しかし、摂食障害のサインとして見逃さずすぐに医師の診察を受けることで重症化を防ぐことができます。