同じ悩みを持っている人とふれあって克服できた

若い頃、ダイエットの影響から摂食障害になってしまったことがあります。痩せなきゃいけないという意識から拒食症になってしまったのです。あまりにも程度がひどくなってしまったことで、入院することとなりました。

しかし、その後は反動で過食症になってしまったのです。過食と拒食を繰り返し、うつ病やアルコール依存症なども併発させることとなってしまいました。

ところがある時、摂食障害の症状を克服することができました。それは、同じ悩みを持っている人と触れ合えたことがきっかけです。同じ悩みで苦しんでいる人たちと出会い、克服したという人の話も聞きました。これによって、今まで私の心を苦しめていたものがふっとなくなったように感じられました。

それからは自然と何でも美味しく食べられるようになり、食事が辛いと感じることもなくなりました。何かが吹っ切れたのかもしれません。摂食障害ではなくなったことがこれほどまでに幸せなことなのかと、毎日、実感しているところです。