男性と摂食障害

摂食障害は女性特有のもののように思われていましたが、近年、男性にも摂食障害が増えてきていると言われています。

男性の摂食障害の特徴は女性とは違っています。男性の場合、低体重になることは少なく、女性のように痩せたいという願望がそれほど強くありません。よって、どちらかと言うと摂食障害の中でも拒食症になることは少ないと言えます。

男性はスタイルを良くしたいという願望から摂食障害になることがあります。男らしい筋肉質の体を理想とする人が増えてきているのです。細マッチョという言葉が一時期、流行したように、この体型が世の男性にとっても理想的な体型となってきています。

つまり、脂肪を少なくして筋肉質な体にするために痩せたいと思う男性が増えてきているというわけです。

理想どおりに筋肉がつけばいいのですが、脂肪を落として筋肉をつけるというのは食事制限のみならず、相応の運動も必要となってきます。ジムなどで鍛えるにしても、プロの指導の下ではないと危険がつきものです。