むちゃ食い障害

むちゃ食い障害とは摂食障害のひとつです。ストレスなどにより食欲が増進し、お腹がすいていないのに大量に食べてしまったり、短い時間で大量の食べ物を詰め込んでしまったりするのです。

一般的に、「やけ食い」といってストレスを感じてしまった時に、たくさん食べてしまうことは誰にでもありますが、むちゃ食いはやけ食いとは違い、コントロールできないのが特徴です。

また過食症とも異なり、むちゃ食い障害はダイエット目的の嘔吐や下剤の使用がないので、どんどん太ってしまうのです。

では、もし自分がむちゃ食い障害だと気づいた場合どうすればよいのでしょうか。

むちゃ食い障害を放っておくと、健康に影響するので改善が必要です。むちゃ食い障害は、治療ができます。主にストレスの解消へのアプローチ
になります。ストレスは心の病気なので、メンタル系の専門家の指導を受けましょう。

また、ストレス解消の仕方を積極的に探していきましょう。自分の食べ方は病的ではないだろうか、むちゃ食いではないかといったことを見つめなおし、注意していくことが大切です。