アルコール依存症

摂食障害と併発しやすい疾患には、アルコール依存症があります。若い女性のアルコール依存症の患者の7割が、摂食障害も持っているという調査結果も出ています。

摂食障害の中でも特にアルコール依存症と関係があるといわれているのが、嘔吐、下剤、利尿剤による排出行為の症状を伴う過食症です。

摂食障害とともにアルコール依存症も併発している人は、鬱病や境界性人格障害などの他の心の病気も高確率で併発しているケースも珍しくありません。

これらの症状はすべて集団精神療法での治療効果が高いこともわかっており、このことから、それぞれの病気の原因となっている数々の心の問題が複雑に絡み合って患者の心に影響を及ぼしていると考えられます。

また、摂食障害もアルコール依存症もストレスが原因で発生するということが共通しています。どちらの症状も、患者のストレスを処理する力が足りないために起こってしまうとされており、アルコールの飲み過ぎや食べ物の食べ過ぎもストレスを紛らわす方法の一つとなっていることもわかっています。

また、どちらも一度発症してしまいますと、自分でそれが制御できなくなるという点も共通しています。