自傷行為

摂食障害になりますと自殺しようとしたり、自傷行為に及んでしまうケースがあります。自殺や自傷の行為に走りやすいのは拒食症から一度でも過食症に転じてしまった人です。

拒食症の人は確実に自分の体重をコントロールできているという満足感が得られることから死にたい、自殺したい、と思うことはないのですが、過食症になってしまった人は、このまま食べていたら太り続けてしまうのではないか、自分は異常な人間なのではないか、という大きな不安や恐怖と毎日闘わなければならなくなります。

こういった不安と恐怖が人から自分を遠ざけて孤独感を強め、死にたい、自殺したいという思いも強めていってしまいます。摂食障害にかかっている期間が長ければ長いほどこのような状態を続けていることに疲れ切ってしまい、将来を悲観して死にたいと考えるようになります。

拒食症の人の自殺の多くは未遂に終わることが多いですが、リストカットを何度も繰り返してしまうこともあります。