摂食障害とストレス

摂食障害を発症する原因として、精神面のストレスがあげられます。学校や職場での対人関係、家庭内のトラブル、過去のトラウマなど、現代社会ではこのようなストレスがあちこちに転がっています。

過労による肉体疲労などが精神をも蝕んでしまうケースも少なくありません。ストレスを解消できず、自分の中にどんどん溜め込んでしまう人は特に危険です。

また、女性に多いのが過剰なダイエットによるストレスです。軽い気持ちでダイエットを始めたつもりが、執拗に体重増減を意識してしまい、精神的ストレスになってしまうのです。

痩せるために食べてはいけないと自分を追い込んでしまうことで拒食症に陥ってしまったり、体内への吸収を恐れて食べたものを全て吐き出す過食嘔吐を繰り返してしまいます。

ふとした拍子で口にしたスイーツが異常に美味しく感じてしまい、食べることでストレスを発散してしまうケースも少なくありません。

まずは、食事以外の方法でストレスを取り除く方法を見つけることが大切です。
ストレスフリーになることで、健康な体を保つことができるのです。