ゆっくりと休養を取ることで克服できた

仕事が忙しく、私はいつもせかせかとしていたように思います。それが原因で食事もゆっくりとることができなくなっていました。

そんな中でも、過食してはいけない、健康的な食事を心がけるようにしたい、という食へのこだわりもあり、どんどん気持ちに余裕がなくなりました。仕事も生活もストレスとなっていき、それが原因で摂食障害になってしまいました。

仕事にしてもダイエットにしても、頑張りすぎてしまうことがかえって仇となってしまうことがあるということを身を持って知ることができました。休養が必要だと周囲からも言われたため、少しゆっくりとした生活を送ることに決めたのです。

休暇を取り、食事は家族に作ってもらうことにしました。出されたものを時間をかけて味わって食べるようにしたところ、とても美味しく、食事の有り難味を改めて知ることができたのです。

こんなふうにゆっくりと休養を取ることによって、私は摂食障害を克服することができました。