友人の過食嘔吐を知ったことで

摂食障害のきっかけとなった事例として、友人が過食嘔吐をしていることを知ったことから、という人がいます。

女性なら誰でも痩せたいという願望があるものです。友人と食事に行っても、カロリーを気にして食べ過ぎないように気をつけるという人も多いと思います。ところが、中にはカロリーを気にせずに好きなものをたくさん食べているのに痩せている人もいます。

とある女性が、その友人にどうして痩せているのかを聞いたところ、食べ過ぎたら後で吐いていると言っていたそうです。その話を聞いた女性はその後、食べ過ぎたら吐いてしまえばいい、という考え方になって過食が増え、食べ過ぎたら吐くことを繰り返すようになってしまいました。

このようなことがきっかけとなり、結果的に過食嘔吐の摂食障害になってしまうことがあります。吐いて痩せるということは当然、健康的にも栄養素的にもよくありません。健康的な痩せ方ではないため、過食しても気にしないことが重要です。