食道炎、逆流性食道炎

摂食障害とは過食症と拒食症の総称で、多くの場合は過食と拒食を繰り返します。そして、過食のとき自己嘔吐を頻繁に行う傾向があります。その嘔吐によって食道炎、逆流性食道炎を併発ことがあります。

吐瀉物は胃酸が含まれているため強酸性です。胃壁は胃酸を分泌しても大丈夫なのは、強酸にも耐えられる粘膜で覆われているためです。一方、食道は胃酸に触れられることを想定されてないため、胃壁のような粘膜でコーティングされていません。

そのため、嘔吐するとき食道は強酸性に晒されることになり、その部分が炎症が起こってしまいます。風邪等で嘔吐することもありますが、一度や二度ではすぐに回復しまうため食道に関してはほとんど影響はありません。

しかし、摂食障害で毎日嘔吐を繰り返すケースが多くみられます。回復しているときに胃酸による炎症が起こるため、症状が悪化していくことになります。それが摂食障害によって食道炎、逆流性食道炎となるわけです。