摂食障害とSNS

SNSの普及により、インターネットに食事の写真を投稿される方が増えていますが、このことが摂食障害を引き起こすケースがあります。食べ物の写真を投稿するのが、なぜいけないのでしょうか。

「フードポルノ」という言葉を耳にされたことがあるかもしれませんが、食べ物の写真の刺激によって食欲が掻き立てられ、必要以上にカロリーを摂りすぎてしまうことがあります。投稿する写真を撮りたいために食事の回数が増えてしまい、肥満につながるケースもあります。反対に写真を撮ることで欲求が満たされ、食事をとることには興味がなくなる場合もあります。いずれにしてもそれらが習慣化することで食事の摂りすぎ、あるいは不足することが常態化し、摂食障害につながることが懸念されています。 

ブログに写真を掲載するために、1日中食事の写真を撮っている方も少なくないですが、思い当たる方は他のテーマの写真などにも幅を広げて、適正な食生活をこころがけましょう。