身体的な原因もあると知った

小さい頃は普通の食欲だったのに、思春期に入ってからは急激に過食するようになりました。成長期でもあるので自分自身も両親もあまり気にしていなかったのですが、いつしか過食嘔吐をするようになってしまい、自分でもこれはいけないと思うようになってきました。

両親もその様子を見ていたので、両親に連れられて病院に行くことにしました。最初は心療内科に行って薬をもらったのですが、1ヵ月飲み続けても改善せず、過食嘔吐は続きました。

私も両親も精神的な問題ではなく別の原因があるのではないかと思い、今度は別の病院を訪れてみました。そこで症状の話などをすると、低血糖が原因ではないかと言われました。血糖値が下がってしまうことで過食を引き起こしてしまうことがあるというのです。

血液検査でさらに細かなことを調べてみたところ、ビタミン不足や鉄分不足でもあることが分かりました。治療としてサプリメントを飲み始めてから過食が少しずつ治まり、1年後には過食嘔吐することはなくなりました。

摂食障害は精神的な問題で起きると思っていたので、身体的な原因もあるとわかり驚きましたが、克服できたのでよかったです。