ちょっとずつ楽しいことを見つける

食べては吐いての繰り返しで入院していた頃、過食に代わる楽しいことを見つけたいと自分でも思いましたし先生とのカウンセリングでもいつもその話が出ていました。

最初は食べることに代わる発散方法なんてあるわけがないと思っていたのですが、病気になって数年が経ち、そろそろ本気で治したいという想いで打ち込めそうなことを探してみました。ちなみにその頃に始めたことは、ヨガやエアロビ、スイミングの教室に通ったりクッキングスクールに体験入学することなどです。

ただ、それらを続けることが私には少なからずストレスでしたしやっぱり一番楽しいのは食べることでした。だから食べてはいたのですが、趣味を見つけることと並行して食べても吐かないことを続けることにしてみました。すると、太ることは別としても体力が少しずつ戻ってきて楽しいことを探そうという前向きな気持ちも強くなってきたのに自分でもびっくりしました。

本気で続けたいと思う趣味はまだまだ見つからないのですが、それでもマイブームというかその時その時で楽しいと思うことには出会えています。